読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後悔しないための子育てブログ

後から「しまった!」のない育児をしたい

子供の教育|子どもはやはりほめて育てればいい

子どもをほめて育てればいい、という話をよく耳にする。

たしかに大人でも、ほめられるとうれしくなり(気分が良くなり)、パフォーマンスが上がる、ということがある。人は年齢にかかわらず、ほめられるとうれしくなるのだ。

今回は、子どもをほめて育てることについて書いてみたい。

スポンサーリンク
?

 

 目次

 脳内麻薬、ドーパミン

脳内麻薬とも呼ばれる「ドーパミン」という物質がある。

私たちは周囲の環境にに適応し、学習しながら、生活するすべを会得していきます。言ってみれば人生は学習の連続です。ドーパミンはそのような学習の強化因子として働いているのです
出典:脳内物質ドーパミンのはたらき

ドーパミン」には、快楽物質というイメージがあるが、それだけではない。シンプルにいえば、ドーパミンは、頭の働きを良くするのだ。ドーパミンが出ると、前頭前野(思考)、海馬(記憶)、運動連合野(運動)の働きが良くなるそうだ。

また、「やる気」にも関係があるそうだ。

ドーパミンの分泌が十分でないと、物事に取り組もうとかチャレンジしてみようという、「やる気」が起きにくくなるそうだ。つまり、ドーパミンは、頭の働きを良くすると同時に、「やる気」も生じさせるということになる。全く文句のつけようのない働きだ。ここまでの話で、ドーパミンが良いということはわかった。ではどうすれば、ドーパミンが出るのだろうか?

 ほめる

ズバリ、「ほめる」ことだ。ほめれば、ドーパミンが出るのだ。

ドーパミンが出れば、あとは脳が(ある意味)勝手にやってくれる。「やる気」が出るので、(親から言われなくても)子どもは、自分から課題に取り組むようになるのだ。勉強ができる子どもというのは、親に言われて勉強しているわけではない。自らやる気の灯をともすことで、勉強しているのだ。そのタイプの子どもは、ドーパミンを上手く利用している、と言えるのではないだろうか。

 怒っても効果はない

「ほめる」の反対が「怒る」だが、子どもに怒っても効果はない。

○○ができないからといって、厳しく叱ったり怒ると、一時的には効果があるかもしれない。しかし、中長期で見ると、マイナスになってしまう。子どもが萎縮してしまったり(親の顔色をうかがうようになってしまったり)、親に対する信頼を失ってしまったり、ひねくれてしまう可能性が高いからだ

このことは、自分に置き換えて考えればよくわかると思う。多くの人は、上司などに厳しく叱責されても、自分のパフォーマンスは(中長期では)大して上がらないだろう。それどころか、(心の中では)やる気を失う人も多いのではないか。中には、心を病む人もいるだろう。

また、子どもの場合は、脳の発達にとってもマイナスだ。

 ご褒美をあげる

子どもに対し、「ご褒美」を上げることも効果がある。

ご褒美をもらって、気持ちのいい気分になると、ドーパミンが出るからだ。

ただし、褒美で釣って勉強させる、という行為はおすすめしない。褒美をもらうことが、目的になってしまう可能性があるからだ。※勉強に対する内発的動機を、毀損してしまう可能性がある。

ご褒美を上手に使うためには、たとえば、子どもが「○○を食べたい」と言ったときに、おあずけの形で条件を出してみる。「片づけが終わったら、食べていいよ」、「あと30分待てれば、食べていいよ」などとする。こうした方が脳にいいのだ。

 節目に目標を設定する

節目節目に目標を設定する、ということも有効だ。

時々達成感を味わえるようにすれば、ドーパミンを利用することができる。

人は目標を達成して、「よし」と思えば、満足感を得ることができる。そして、また新たな目標に向かって歩みを進めよう、という気持ちになるのだ。これはドーパミンの働きだ。子どもの勉強などでは、達成感を味わえるような仕組みの中で、学習を進めることができる環境を提供したい

よく、子ども用の学習教材で、課題ができたらシールを貼る、というものがある。ページ毎に終了したらシールを貼るというものが一般的だろうか。これは、ドーパミンを利用した仕組みだ。このような学習教材を使うことも、有効な方法だ。

 しなかったことをほめる

ほめることは、最初に述べた「ほめる」と同じだが、「しなかったことをほめる」という方法がある。なぜ、別の項目にしたかというと、「しなかったことをほめる」ということは、難易度が高いからだ。子どもが「良いことをしたらほめる」、「成果を出したらほめる」、これは普通のことで、誰にでもできることだ。

しかし、「しなかったことをほめる」ことは、かなり難しい。たとえば、公共の場で、子どもが騒ぎたいのを我慢して、大人しくしたとしよう。

果たしてこの態度を、ほめることができるだろうか?

「今日は大人しかったな」、「こういう場では大人しいのだな」程度で済ませて、特にほめることをしないのではないか?未熟な子どもにとっては、大人が当たり前だと思う行動を、当たり前にとれないことは多々ある。本来、当たり前にとれない行動を、当たり前にとったとき、ほめる必要があるのだが、大人はそこに気が付かないのだ。

スポンサーリンク
?

 

なぜ、しなかったことをほめる必要があるのか?

人の脳には、行動を起こすための働きと行動を抑制する働きがある。

実はそれぞれの担当部位が違うのだ。「良いことをしたらほめる」、「成果を出したらほめる」では、前者の働きが強化される。一方、後者の「行動を抑制する働き」を発達させるためには、「しなかったことをほめること」が必要なのだ。

「しなかったことをほめること」で、暴走せず抑制する(我慢する)ことのできる、「分別のある子ども」に育つ可能性が高くなるのだ。※我慢できる子どもは伸びる。

 まとめ

今回は、子供をほめて育てることについて書いた。

親であるあなたも、自分のことを考えれば、「ほめて伸ばしてほしい」と思うのではないだろうか。そうであれば、子供に対しても同じような態度で接すればいいと思う。

最後の「しなかったことをほめる」というのは、やや難易度の高い方法だ。子供の行動をよく観察していないと、できないことだろう。その分できると、差別化になるかもしれない。