読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後悔しないための子育てブログ

後から「しまった!」のない育児をしたい

井上尚弥のお父さんの教育がすごい#2

先日、「井上尚弥のお父さんの教育がすごい」という記事を書いた。

そこでは、1)言い訳を禁止する、2)親のかかわりがある、3)5-3-2で指導する、ということについて書いた。一般人の子育てにも役立つ知恵がありそうだが、どうだろうか。

今回は、その続きを書いてみたい。

スポンサーリンク
 

 

 目次

 才能より努力だと考える

井上慎吾さんは、努力の大切さをよく知っている。

井上尚弥の試合(のあるシーン)をみて、元世界チャンピオンが「教えて打てるパンチではない。サウスポーの見えにくいパンチを外して、そこにカウンターを合わせるのだからとんでもない才能だ」と言ったそうだ。※相手の右フックをスウェーでかわし、左フックを合わせたシーン。

たしかにこのシーンをみると、「すごい!」と思う。それも、相手は実績十分で名のある世界チャンピオンだ。彼のパンチを華麗に外しカウンターを当てるのだから、天才だと思うのも無理はない。※このような動きのできる選手は、限られている。

だが、井上慎吾さんは、冷静にみている。

「僭越ながら言わせてもらえれば、あの左フックのカウンターも練習で打てるようになります。尚も試合直後の会見で、目利きの記者から三度目のダウンについて尋ねられて「いつもの練習通りです」と答えたように、練習で培ってきたものだったのです。
出典:努力は天才に勝る! pp.46-47

だれもが「すごい!」と思う動きを、努力でできる、と述べている。

1万時間の法則というものがある

1万時間の法則、というものについて、耳にしたことがないだろうか。

1万時間の法則とは、何毎に置いてもプロレベルになるには大体1万時間かかるというもので、1万時間を3年で割ると一日約9時間という事になります。
仕事であれば就業8時間を集中的に過ごし、その上残業1時間をやりこんで何とか3年で一人前になれるといった所で、感覚としてあながち外れてはいないと思います。
出典:人生3年捨てる覚悟ある? 成功するために必要な「1万時間の法則」

プロのレベルに達するまで、それぐらいの時間が必要だ、というものだ。

もちろん、分野によって、プロのレベルに達するまでに要する時間は変わってくるだろう。だが、ざっくり考えると、「1万時間の法則」というのは、的を射ているように感じる。※プロレベルになるためには、地道な努力の積み重ねが必要になるのだ。

努力よりも才能だ、と考えると弊害が生じる。

努力しても結果が出ないとき、「努力する時間が足りないのだ」、「努力の仕方がまずいのだ」とは思わず、「才能がないからダメなのだ…」と、すぐにあきらめやすくなってしまうのだ。

※才能がないとすれば、楽だしあきらめがつく。

これでは、本来であれば成し遂げられることも、そうできなくなってしまう。粘りや柔軟性ということからはほど遠く、簡単に道半ばでポキッと折れてしまうためだ。

したがって、親も本人も才能より努力だと考えた方がいい。

 自分がやってみせる

井上慎吾さんは、自分がやってみせることが大事だ、としている。

大切なのは自分がやってみせることです。自分は何もしないで、「ハイ、やれ」では示しがつきません。自分が率先してやることで、その背中を見せることで、子どもたちも付いてきます。
出典:努力は天才に勝る! p.78

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、ほめてやらねば人は動かじ。という有名な、山本五十六の言葉もある。つまり、親は子に「やってみせる」ことが大事なのだ。

井上慎吾さんが言うように、自分は何もしないで、子供に「ハイ、やれ」では、子供は動かない。自分が規則正しい生活をしていないのに、子供に規則正しい生活をしろ、と言っても無理がある。

なので、子供に約束を守って欲しかったら、自分が約束を守る、子供にあいさつをして欲しかったら、自分があいさつをする、勉強して欲しいのであれば、自分が勉強する、ことが必要だ。

そうすることにより、子供がついてくる可能性が出てくるのだ。

親には、「自分がやってみせる」という心構えが必要だ。

 子供のレベルを上げるためには…

井上慎吾さんは、「強い相手以外とは戦わない」と述べている。

強い相手と戦うことで始めて、ステップアップできる、という考え方だ。

自分のレベルが10のときに、6のレベルの選手といくらやっても意味がない。もし、そうすれば、「(真面目な選手ほど)性根が腐ってしまう」、「ボクシングそのものをナメてしまうことにつながる」と考えている。自分が解ける簡単な問題をいくらやっても意味がない…ということと同じだ。

また、レベルが100の選手とやっても意味がない、としている。勉強で考えると、小学生が大学入試レベルの問題に取り組んでも意味がない…ということだ。井上慎吾さんは、自分のレベルが10であれば、10か11の相手が必要、としている(同等か少し上ということだ)。

同じような実力の選手に競り勝てば、対戦相手から学ぶことなど、いくつもの発見があるため、ボクシングの幅がひろがり、ステップアップできる、としている。

子供を成長させようと思えば、チャレンジが必要だ。

成長を目指すのであれば、自分の現在のパフォーマンスで達成できる目標よりも、やや高い目標(チャレンジが必要な目標)を立てるのが普通だ。その差を埋めようとする努力が成長を生み出すのだ。※現在の実力の2割増し程度が目安になる。
出典:失敗したでOK!失敗した方がいい理由

したがって、子供の現在のパフォーマンスで達成できる目標よりも、やや高い目標(チャレンジが必要な目標)を立てるのが普通だ。ギャップを埋めようとする努力が、成長につながるためだ。

子供にチャレンジさせていない…と感じるのであれば、チャレンジさせることだ。

今回は、「井上尚弥のお父さんの教育がすごい」の続きを書いてみた。

thanxalot.hatenablog.com

今回述べたのは、1)才能より努力だと考える、2)自分がやってみせる、3)子供のレベルを上げるためには…、ということだ。どれも、普通の家庭でも実践できることだ。

ぜひ、いいところを真似て取り入れてほしい。

スポンサーリンク
 

 

 まとめ

今回の記事:「井上尚弥のお父さんの教育がすごい#2」

↓ 以下の記事に続きます。

thanxalot.hatenablog.com

参考文献:「努力は天才に勝る!」井上慎吾著