後悔しないための子育てブログ

後から「しまった!」のない育児をしたい

自信のない子供に自信をつけさせる方法5つ

自信のない子供がいる。

自分の子供は、ほかの子供と比べて自信がない方だな…と感じる親御さんも多いと思う。わが子が自信喪失気味であれば、自信をつけさせてあげたい…と思うだろう。自信がなければ、自分を出せない、言動が萎縮する、ということがあるためだ。ではどうすれば、自信をつけさせることができるのだろうか。今回は、自信のない子供に自信をつけさせる方法について書いてみたい。

スポンサーリンク
 

 目次

 自信のある子供とない子供がいる

自信のない子供

自信のある子供とない子供がいることは確かだ。

自信のある子供は、何に対しても積極的だ。自分の考えを行動に移す、ということも得意だ。まわりからみると、常に前向きで行動力があるな…という評価になる。好奇心や探求心もある、という評価にもなる。自信のある子供の場合は、総じて、ポジティブな評価になるのだ。

他方、自信のない子供の場合はどうだろうか。何に対しても消極的に見える。行動も限られておりチャレンジしないので、消極的という評価を受けるだろう。よく言えば、「思慮深い」、「よく考えてから行動する」ということになるが、なかなかそう好意的には見てくれないものだ。

※自信の有無は、言動と密接な関係がある。

 自信はあった方がいい

自信は、当然あった方がいい。

自信の有無は、言動と密接な関係があるためだ。たとえば、自分に自信がなければ、思うように発言できない。大人でもそうだろう。社内の会議などで、まわりの出席者に気後れし、自信のない状態であれば、発言することがむずかしくなる。また、事前の準備が十分できず、(会議のトピックについて)自信のない状態であっても、発言できない…ということになる。

自信がなければ、発言もできないし、そのほかの行動もできない。子供であれば、ほかの子供とコミュニケーションがとれない、遊びの輪に入ることができない、自分の意見を言うことができず、いつもフォロワーになってしまう…ということになる。なので、「自信=(自発的に動くための)燃料」としていいだろう。

※自信がなければ、新しいことにチャンレンジする、ということもできない。

 子供を否定しない

ここからは、自信のない子供に自信をつけさせる方法について書く。

まずは、子供の言動を否定しない、ということが大事だ。大人でも自分の言動を否定されると、自信が傷つく、ということがある。ある人があるポジションを求めている人に対し、「この程度の経歴でこのポジションを望むのは、お門違いだ…」という非礼な発言をしたことを覚えている。

そんなことを言われたら、(仮にそのことが客観的な事実であっても)その人は自信をなくしてしまうだろう。叱るときも、子供の人格を否定するのはNGで、しでかした行為・行動に限定すべきだ。その場合であっても、子供の言い分はキチンと聞き、叱る理由も丁寧に伝える必要がある。

※子供の言動は否定しない、を基本にしておくといいだろう。

 子供の話を聴く

子供の話に耳を傾ける、聴く、というのは、とても大事なことだ。

あなたも、自分の話を真剣に聴いてくれる人がいれば、その人は自分のことを認めてくれている…と感じ、好感を持つはずだ。そして、その人とは忌憚なく積極的に会話する…ということになる。このことを言い換えれば、その人と話すときは「自信を持つことを許可されるため」積極的に会話できる、ということになる。

なので、相手の話をキチンと聴くことは、相手に対し「自信を持っていい」とすることなのだ。子供の一番身近にいる親が、「自信を持っていい」としなければ、子供は自信を持つことができなくなる。子供の話に耳を傾ける、聴く、ということは、子供の自信の育成という点からも大事なことなのだ。

※子供の話を聴かないことは、「自信を持つな」とすることに等しい。

 自信を持てと言わない

自信なさげなわが子であれば、自信を持ちなさい、と言いたくなる。

だが、消極的な子供に積極的になりなさい、と言ったところで、積極的になるだろうか?親が言ったとおりになるのであれば、子育ては簡単なものになるだろう(笑)。そうではないから、育児本や育児情報が巷に溢れ、パパやママが試行錯誤しながら悩むのだ。

自信を持てと言われる子供の立場で考えてみよう。自信を持てと言われる、ということは、自信を持たないことは良くないことであり、自分は親から自信を持っていないと評価されている…と思うだろう。敏感な子供であれば、このぐらいのことは寸時に察知する。そして、自己肯定できなくなってしまうだろう。これは、とても好ましくないことだ。

※自信を持てと、安易に口にしない方がいいだろう。

 選択の機会を増やす

子供が自分で選択する、という機会を増やしたい。

子供が自分でやる、というのであれば、たとえ上手くできないとわかっていても、子供に任せる。子供のことであれば、決定に子供を関与させる。たとえば、子供の習いごとをどうする、という場合、子供の意見を尊重する。当初はそういうわけにもいかないが、習いごとを絞るという場面では、子供にもそれなりの意見があるはずだ。

そんなときは、子供に相談して決めればいいのだ。親には親の意見があると思うが、その意見を伝えた上で、子供の意見を尊重すればいい。「自分のことを自分で選択する」という経験は、貴重な経験になるだろう。たとえ失敗しても、OKとしたい(そのときは、軌道修正すればいい)。

自分で選ぶということは、自律や自立につながっていく

 有能感を持てる場を提供する

子供には、有能感を持てる場を提供したい。

あなたも、自分が「できる」と思っている仕事をするのは、比較的楽しいはずだ。自分の能力を発揮できている、という感覚、満足感があるので、楽しく感じるのだ。たとえば、話すことが得意な人は、人と接する仕事が楽しいだろうし、書くことが得意な人は、資料を作ったりする仕事が楽しいだろう。

子供が有能感を感じることのできる場とは何だろうか。たとえば、得意な科目を勉強する場であったり、得意なスポーツをする場であったり、得意な習いごとをする場であったり…ということだ。そのためには、子供の得意を見つけることが必要になる。それは、親の仕事だ。

※成功体験を積み重ねることのできる場を用意する、ということでもある。

スポンサーリンク
 

 まとめ

今回は、自信のない子供に自信をつけさせる方法について書いてみた。

今回の記事で書いたのは、1)子供を否定しない、2)子供の話を聴く、3)自信を持てと言わない、4)選択の機会を増やす、5)有能感を持てる場を提供する、の5つだ。このほかにも、ほめる、励ます、何かしてくれたら「ありがとう」と口にする、など、細かくみるといろいろあるだろう。

本質的なことでは、「そのままで愛される価値がある」というメッセージを伝えたい。たとえ自信がなくても、○○がなくても、無条件で愛される価値はある…というメッセージを送れればいい。自分が愛されていると感じると、それが自信や余裕になり、他人に愛を与えることもできるようになるのだ。

※自分が愛されていないと感じると、自信も余裕も持てなくなる。

今回の記事:「自信のない子供に自信をつけさせる方法5つ」